デザインも重視しなければいけないVIO脱毛

デリケートゾーンの脱毛であるVIO脱毛。
脚や腕、ワキなどの脱毛の場合、何も考える事なく、綺麗にすべて脱毛してもらえば良いだけの話しですが、このVIO脱毛においては、少し違ってきます。

その中でも特にVラインの脱毛においては、脱毛前にどの程度の脱毛が希望なのかと言う事を明確に伝えていく事が大切なのです。

主なデザインのパターンとしては6パターンあります。

まず、逆三角型と呼ばれるデザイン。
その名の通り、逆三角形の形のデザインとなっており、最も自然な出来栄えとなるデザインとなっています。

次に細いI型のデザイン。
特にハイレグなどの水着を着る機会が多い人に好まれるデザインとなっており、海外では人気のデザインになっています。

その他、同じ逆三角形でも細身の細逆三角形型。
この場合、小さめのビキニや下着をはく機会が多い人にお勧めのデザインです。

また、普通のI型と呼ばれるデザインやデザインなど無縁の完全脱毛を選択する事も可能になっています。

せっかく、脱毛するのだから、デザインなど気にする必要もない完全な脱毛を希望する人もいるかと思います。

もちろん、スッキリさせる事もでき、また清潔に保つ事もできるため、お勧めのVIO脱毛方法だとは言えるのですが、実際、温泉などに行った際、少し恥ずかしいと思ってしまう人は少なくありません。

海外では当たり前の事でも、まだ、日本では完全に脱毛してしまう事に抵抗を感じている人も多く、その結果、他人と比べ、少し恥ずかしいと思ってしまうようです。

もちろん、そんな事は気にしない!水着や下着から出てしまう事の方が気になる!と言うような人の場合、完全脱毛はお勧めになります。

しかし、VIOのデザインにおいても、自分にあうもの、あわないものがあると言う事も事実。髪のヘアと同じだと言う人もいます。

その為、一気にチャレンジするのではなく、スタッフの方とよく相談し、その上で、少しずつ進めていくといった方法もお勧めかもしれません。

そうする事で、「失敗した!どうしよう!」と言う事も避ける事ができ、納得のいくVIO脱毛を行う事が可能になるかと思います。

このようにVIO脱毛の場合、スタッフにすべて、お任せ!と言う事ではなく、デザインなど自分の希望をまず、的確に伝える事が大切になります。

また、わからない事などがあった場合は、恥ずかしいと思わず、プロのスタッフの方に相談する事をお勧めします。

そうする事で、自分にあったVIO脱毛を行う事が可能になってくると言えると思います。

関連記事:脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受けるメリット